Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.

今の暮らしをしあわせとよべないか?
かっこよいか かっこわるいか
あの人がかっこわるいとおもうものが
私にとってはとってもかっこよいかもしれない
自分の気持ちを安売りしたせいか身体が重い
思ってもいないことが言えるようになった
否定するつもりはないけれど、
思ってもいないことを言うのも嫌いだった私が簡単に「いいね」と言えてしまうのだ
べつにだからってわるいことではない
ただ自分という存在、
というか、自分にしかないものが、どんどん無くなっている気がした
もともとかっこわるいし 愛想もふりまけないし、思い返せば恥ばかりで、わすれられないことも沢山ある

可愛げのない野郎ではあった
だけどそれじゃうまくいきれないことがわかった
無理して言葉を吐くこともめんどくさいが
無理せず笑わないことも、またひどい仕打ちを受けることがあり辛いことに気づいた故の結果だ


またいつか死ぬのにな
という感情が今日も邪魔して辛い
安易に死を扱う本を読み頭痛がする
「真夜中乙女戦争」

宇宙葬 やらダイヤモンド葬やら興味深いことは多かった
宇宙に遺灰を飛ばす宇宙葬は30万円程でできるらしい
大気圏に突入すれば 流れ星になれるのだと、
それに失敗しても延々と宇宙を彷徨う宇宙塵になれるのだと、
だとしたら地球から時たまにみれる流れ星は誰かの遺灰を乗せた星であるかもしれないと思うと更に頭痛を助長した
こんな本は夜に読むものでは無い
昼にもう少し軽い気持ちで読むものだと確信した
昼という、夜ではない時間がこの世界にあってよかったと思った


それと、今日は
夢の中でかつての仲の良い友達と会った
私は今の私で

あの幼少期は1度きり
なんとなくその頃はまた会えるだろう
と思っていた

そんな淡い期待もことごとくただの期待に終わった

会おうと思ったら会えるかもしれない
調査を依頼すれば会える可能性もゼロではないだろうがそれもそれでなんだか違う気がした


だからきっとこれからも会うことも無く幼い私たちは走馬灯で笑顔のまま白い光に包まれて消えていくのだと思った



わたしはかっこわるいかもしれないが
今のじぶんは精一杯の本気
すなわち 何かへの愛達が原動力だ
意味のないことで溢れている
だからかっこわるくてもかっこよくても恥をかかずともかいても意味は無い
他人は何も相手にしてくれない
YouTubeやら音楽活動やらなにかの才能で一躍話題を集めたりしない限りこの世界への影響は何一つない
だからせめて自分だけでもかっこよいと言ってあげなければいけない
私も
あなたも
とってもかっこよいのだ
2020/02/16(日) 11:52 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
ある日夢の中で私はおばさんになっていた
とても後悔していた
何も持っていないただただ歳を重ねただけの女であった

酷く絶望していた
なんで若かった頃もっとああしなかったんだ、考えなかったんだ、と
若い頃戻れるものならどれだけいいだろう?
戻れるならばもっとやりたいこともたくさんやるし挑戦もするのに

と、

何を考えても後の祭りであった
ただ後は人生の終わりまで時間が過ぎるのを待つだけの悲しい末路であった

目をつぶり静かに昔を思い出そうとしたところ
で目が覚めた
自分の部屋で天井を向いていた
いつもは右か左を向いて寝るのだがこの日は天井を何故か向いていて不思議であった

それよりも、なんだ夢だったのか!良かった…良かった…と喜んだ

なぜあんな夢を見たのか、分からないけれど自分が自分に忠告してくれたようだった
あんな夢のような気分はこれから先も味わいたくないものだ
ちゃんと考えるんだやりたいことやり尽くすんだ

死ぬ前に後悔したこと
なんていうサイトを以前みていたが
それを見ているとこわくなった

人の人生のおわりでの後悔から学ぶなんて酷い話で悪趣味であるかもしれないがほんとにちゃんとしようと思ったんだ
少なくとも学ぶものはあった

旅行に行けばよかった
好きな人に好きといえばよかった
働きすぎるんじゃなかった
友人と連絡を取り続ければよかった
自分に正直な人生を生きればよかった

こんな事を書いていたのを覚えている

恐らく私が今死んだとしてこの中から3つは同じ後悔がある

若いからまだ大丈夫、これからだよ、と大人に励まされることがある、そうかもしれないが、逆にいうと、若くて何も成し遂げられていないから今死んだらどれだけこの世に未練が残るだろうと考えた


すぐには叶えられないことばかりだけれど
あの夢とこの教訓は大切にしたい

この気持ちをずっと大切にしたいと思う
2020/02/15(土) 05:01 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)


処刑台に浮かんだ蛍。
明日死んでしまう僕はその緑に溶けてしまいそうだ。
川が近いのか。
幻なのか。

蛍の踊りが僕を誘った。

汚れた布切れを身に纏ってから
もう18年間ものあいだ息をしている僕は
裸の姿で美しく揺れて数日間息をした君を。
この薄汚れた僕の両手で捕まえて
柔らかく握ってみせた。
僕は明日の夜。
ここで死んでいるらしいし、
君も輝きをなくし、朽ち果てた杯の姿になっているだろう。

僕は、家畜の食料にでもなるだろう。
君は、大地の養分にでもなるんだ。

輝きを放て
輝きを放て
裸になった人間は
唄うことができるんだ。

輝きを放て
輝きを放て。
裸になった人間は
笑うことができるんだ。

僕は死ぬことが怖くなってしまった。
せめて大人になりたかったんだ。

薄汚れた布切れにも
放つ光はあるのか。
光はなくとも。
輝きはあるのか。

君みたいな終わり方をしたい。

夜が明けて

君の光が見えなくなったとき

次は僕の番だ。

輝きを放て。

輝きを放て。

輝きを放て。

輝きを放て。
2020/02/13(木) 16:49 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
あの日の自分の心はとても尖っていた
いつも物悲しげな目をしていたと思う
父の背中や笑顔を見てるとなんだかそれが馬鹿らしく思えたのだ

そうすると急に尖った自分の心が恥ずかしく思えた
あの日の自分は人を愛さなかったから愛されなかったのに過ぎないのだ
馬鹿な私は本気で生きなきゃ全部見過ごしてしまう

今持っているものを
大切にできない、 できるは 今自分の選択次第なのだ
そもそもその選択は自分の手の中に"それ"があるから選べるわけであってそもそも何もなければ何も選択は必要ない
もちろん自分の欲望のままにはいかないけれど、大抵のことは思っているよりもうまくいくんだ

それなのに選択すら惜しんで何もせず、
何にも本気になれない自分は何者なのだろうと思い始めた


ふと数年前に酷く心を傷つけられたことを思い出した
やはりその時の感情の感覚は忘れているとはいえ案外覚えているものだ
少しの言葉でさえずっと引っかかりなかやか忘れられないことがあるというのに、傷つけようという感情をむき出しにされれば、もう人生のほとんど記憶に残ってる事だろうと思う


それもだけど、
自分が誰かを傷つけたことはなかっただろうかと思い返した 今も誰かの心の傷にはなっていないだろうか、と心配になった
傷付けるまではなくとももっと力になれたんじゃないか、とか
もっと優しくできたんじゃないか、とか

今考えても仕方が無いから
せめて、
とにかく
優しくなりたいとおもった

自分はいまもずるくて醜い
どうしようもないくらいに人間である
だから、人間に生まれた限り人間との関わりはたてないと感じた
人間である限り人間が必要である、と認められなければ辛くて苦しくて虚しいだけだ
それが早ければ早いほど後悔もへるのではないか、とおもう
だから18で気づけた私はラッキーだ

人の温もりを忘れられずにいられたらもっとハッピーさ











2020/02/13(木) 15:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
煙草は17歳のときはじめて吸った
憧れの人の真似をしてカバンに煙草を紛れさせてはいた
煙草は20歳からなのはもちろんわかっている
前になんで煙草吸い始めたの?ときかれたことがあったけれど答えられなかったことがある
今思えば理由がないといえばない気もするし
私の憧れの人はみんな煙草を吸うから そんなくだらない理由な気もする

たばこをすうことで 誰かのそばにいられたらこの世界は優しくなるような気はした

多分彼ら彼女らが見ている世界は自分には目を凝らしても細めてもわからなくて
別にかっこよくもなれるわけでもなくて
近づけるわけでもなくて
弱くて脆いから満たされる訳でもない
何口か吸ってぼーっとしてしまった
ただただ煙草が燃えていくのを眺めていた

こうやって嫌なことも全て灰になってくれないか 、と思った
いや、そういえば自分ごと、いつかは骨だけが残り灰になるのだとかんがえたくもないことを考えてしまい眠れなくなってしまった

人間の死後燃やされる時には肉やらは燃えてしまうのに骨だけ残るのは不思議だなぁと思う
遺骨というのは持ってみると意外と重いもので
死後に、その人がいたという実態は骨しかない
、だからその人の魂の重さのような気もした





2020/02/12(水) 14:58 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)



10代ははじめてで溢れていると思う
酒やら煙草やら車やら髪の
はじめてのバイト
はじめて髪の色を染めたり、
酒、煙草
今じゃあ何も特別でもなんでもなくて10代後半はみんな変わったなと思う


ある日、自分は酒に弱いということを自覚した

すぐ顔が赤くなるのがなんだか恥ずかしく思えたし調子に乗ってはじめて居酒屋で酒を飲んだ日には支払いを済ませた後エレベーターの前で吐いた
その日買ったばかりの靴が汚れたのだ
多分その日も特別な日ではないが恥をかいたのでずっと覚えているもおもう
わたしの中で人生の中で何年経っても忘れないことは「とても楽しかった日」よりも「恥をかいた日」「悔しかった日」「悲しかった日」なのである
大事なことよりも覚えていなくてもいいことのほうが覚えているのだからつくづく人間の脳のつくりは変だと思う


話が逸れたが
ビールの美味さはまだ分からない
ビールの美味さがわかる頃には大人になっているのか?
いやそんなわけはないか
そんなことで大人になれたらどれだけ楽なんだ
とおもった、
もうやめた職場での話だが
私が職場の人に迷惑をかけた時には60代のしわしわのおばあさんに「貴方は未成年だけどもう大人と同じ扱いなんだから。大人とおなじ場所で働いている限り大人になりなさい、あんた親に怒られたことある?」と言われた
言っていることがよく分からなかった
悪いことをして親に叩かれたこともあるし、まさか自分がもう大人になっているとは思わなかった
自分が大人ではない!と思えば大人なのか?
成人すれば大人になれるとはおもわないし、
いつの日からか大人扱いされるのか不思議な気がする
その境目はいつなのだろう
考えてもよくわからない


夜は窓の外も静かでとても心地よかった
このままずっと夜ならいいのに、と思うけれど実際そうだとしたら
いくら夜が好きだとはいえ、きっと太陽が見れない世界は物寂しいのだと思う

いつも何かを好きだと思えるのは嫌いだと思うもの 嫌だと思うものがあるからだと思っている
それが存在しなければただの"普通"なのだろうとおもう


太陽は夜に見えないだけで太陽はずっと眩しいままで宇宙に存在するのだ
2020/02/12(水) 14:33 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.